前回、水イボと診断されたどんどん。

90F89A1C-333B-4497-83A1-ABA4426A6EDE

私の水イボ知識といえば、子育てブログで得た知識くらい。
しかもその記事がピンセットで潰して取るという荒業だったため、かなりビビりました。

しかし皮膚科医の判断は、様子見。
タオルやビート板なんかを介して伝染るので、兄弟がいたりスイミングを習っているのでなければ必要ないとのことでした。
8F470213-5C99-4F5C-B5AA-9E50960C2D8F
実際、しばらくイボは一つきり。
この頃まだ冬だったので保育所でのプールもまだまだ先のこと。
かかないようにと注意されましたが、特に痒がるそぶりも見せないので様子を見ていました。

ただ気になったのが、イボが日に日に大きくなっていたこと…。


そして数ヶ月後
3ABE89F4-BE26-49A4-BF41-A0F1A3E0F97C

8099E6E0-B5FD-431C-8440-6FC23799BADE

増えとるやないけ‼︎




続きます。

 

FCC71D69-1943-4686-A934-70F42B941803
5E3F69F6-4056-4516-96BE-70DC15F48573
0BB4B29D-94CB-4F10-BC5A-EABEB8742032
2301BC57-F7F6-48FA-AC57-F44F69B409E1

ある日、どんどんの脇の下に、3ミリ程度のすこし大きい出来物が出来ていました。
これが水イボとの長い長い戦いの幕開けだったのです…。


続きます。

B058922F-F9A6-44BD-AD87-C642141D22E6
0286C76B-3241-4BA5-A69C-93B9B5D147AE
E44B92FC-A525-4283-99E2-DD7E83E00DAD
172BF474-CA09-424C-B79E-F2F46E1E8367
あぁ、もぅかわいいったら‼︎

この後一応説明を試みましたが、やはりよく分かっていないようでした笑
夏、奥が深い!

 

このページのトップヘ